下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

令和元年のGWは京都へ行ってきました

こんにちは、おこめです。


長すぎると思っていた10連休もあっという間に終わってしまいましたね。

私は京都へ旅行に行ってきました。

GWの京都なんて激混みだろうとは思っていたのですが、想像以上の混みようでした。

それでも4日間で6万8千歩も歩いたという、なかなかの修行の旅になりました。

初めてホテルのマッサージをお願いしましたよ…

伏見稲荷大社

千本鳥居でおなじみの伏見稲荷大社【公式サイト】

商売繁盛・五穀豊穣の神様と言われています。

京都に来たら絶対行きたい神社の一つですよね。

インスタ映えの【千本鳥居】は、期待を裏切らない混雑ぶり

f:id:hetayo:20190506093310j:plain

ここに行ったら鳥居の写真が撮りたいですよね。

この写真は7~8年前に旅行した時に撮ったものなんですが、今回は全く人が途切れず、鳥居の写真は撮れませんでした。


千本鳥居の入り口状況がこちら。
f:id:hetayo:20190506092249j:plain
うーん、すごい。
(^^;


入口が狭くなっているから仕方ないですね。途中で写真撮ってる人もいるので、なかなかスムーズには進まないです。


この混み方を見て後ろのグループからは
「登るか登らないか決めるなら今だね」
「うん決めた、辞める!」
というやり取りが聞こえてきました。

うん、私も諦めたいと思ったw


f:id:hetayo:20190506092347j:plain
鳥居の中もこんな感じでぎゅうぎゅうでしたが、裏側の奉納者の名前を見ながら歩けたので、意外とちょうどいいスピードでした。

鳥居奉納っていくらから出来るの?

ここを登っていて気になったのは、会社名だけでなく個人名で奉納されている鳥居があるということ。(しかも結構大きいやつ)


「いくらから奉納出来るんだろうね~」って言いながら登っていたので、ついでに調べてみました。

f:id:hetayo:20190506102700p:plain

画像引用:鳥居奉納のご案内 | 伏見稲荷大社

なるほど、鳥居のサイズだけでなく場所によっても変わってくるんですね。

そして小さいものなら意外とリーズナブル!

商売繁盛の神様ですので、京都で起業するなら納めてもいいかもしれない。


大きい鳥居で再建、再々建という文字が刻まれているものもあったので、再度奉納されてるんでしょうね。

すごいですね。

写真撮るなら山の上の方?

千本鳥居を出た先にある熊鷹社の手前で下っていく方が多かったです。

私も今回はここで下りました。

f:id:hetayo:20190506114728p:plain

画像引用:大社マップ|おいなりさんへ出かけよう|伏見稲荷大社


確かここから上に進むと、昇りの階段が増えたと思います。

離脱者が多く人も少なくなるので、もう少し上ってからの方が写真も撮りやすいかもしれませんね。

元気な方はぜひチャレンジを。

inari.jp

世界遺産の【平等院

f:id:hetayo:20190506095407j:plain

10円玉にデザインされている平等院【公式サイト】

池に映る鳳凰堂はまさに極楽浄土。

拝観料600円で、庭園とミュージアム「鳳翔館」の両方が楽しめます。

鳳凰堂の内部拝観は5/12まで

f:id:hetayo:20190506121704j:plain

鳳凰堂の内部拝観料は別途300円です。
20分毎に50名と、完全入れ替えで人数制限をしているそう。

GWの朝9時にはすでに3時間待ちでした。

ただし、3時間ずっと並んでいなければいけないわけではなく、「入場時間の5分前にここに戻って来てください」ということ。

GW中は特別に再入場OKだったようです。
これなら外で食事をして戻ってくることができますね。


また、現在「堂内は修復中で仏像の周りに足場が組まれている」ということでしたが、GW終了後の2019/5/13~11/15は修復のため内部拝観も終日中止になるようですので、それまでに観たい方はお早めに。
拝観案内 | 世界遺産平等院


私たちは今回は諦めて、ミュージアムに展示されている鳳凰像を観て帰ることにしました。

壁画や鳳凰像が観たいならミュージアム【凰翔館】へ

鳳凰堂の鳳凰像はレプリカだそうです。
f:id:hetayo:20190506132236j:plain


本物は国宝なので院内のミュージアム「凰翔館」に展示されていますミュージアム内は撮影禁止)。

鳳凰紙幣のデザインが変わる前に観ておきたいですね!

f:id:hetayo:20190506121616j:plain


www.byodoin.or.jp

最後に

どこも行列が絶えなかった京都ですが、特に驚いたのは「御朱印」の列ですね。

「令和元年 五月一日」の御朱印が欲しい

この日、御朱印の列に並んでいるのは日本人ばかりだったんでしょうね。

数時間も並ぶのは嫌なので、唯一もらえた御朱印がこちら。
f:id:hetayo:20190506094545j:plain

5/1の朝に行った上賀茂神社(賀茂別雷神社)【公式サイト】御朱印です。

特別拝観で、普段拝観できないところが観られるというので朝から向かいました。

朝からすでに御朱印の行列はできていたんですが、横で紙に書かれた御朱印を手売りしている巫女さんが居たので、いただくことができました。

「待てない方はこちらでどうぞ」って。

まさかこれがこの旅最後の御朱印になるなんて…


1枚だけでも「令和元年 五月一日」の日付の御朱印がもらえて良かったです!

www.kamigamojinja.jp



▼初めての”海外1人旅行”の記録です
www.hetanoyokozuki.com