下手の横好き

働き方とお金の使い方について、なんとなく考えていること。

Googleスプレッドシートで株価を自動取得するシートを作ってみた

複数の証券口座の株価を毎日確認するのって面倒ですよね。

 

私は2口座しかないのに、週1で確認するのもめんどくさいです。

iDeCoとかも入れたらもう少しあるけど)

 

Googleスプレッドシートで最新の株価を自動取得する管理表が作れるらしいので、早速作ってみました。

 

要領はExcel関数と同じです。

 

米株はティッカーを入力すればOK

Google Finance関数というらしいです。

 

  A B
1 ZM 238.87

 

こんな感じでセルA1にティッカーを入れると、B1に株価が反映するようにな表を作っていきます。

 

=GOOGLEFINANCE(A1,"price")

スプレッドシートのセルB1にこの関数を書き込むだけ。

 

A1にティッカーを入れると株価が表示されます。

 

関数の”A1”に直接ティッカーを入力してもOKです。

 

日本株はサイトとコード指定が必要

日本株は価格を参照するサイトとコードを指定する必要があるようです。

 

  A B C
1 2121 (株)ミクシィ 1,687

証券コードを入れたら会社名株価が反映されるような、こんな感じのシートを作りしました。  

 

セルC1にこちらの関数を書き込み。

=ImportXML(CONCATENATE("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=",A1),"//td[@class='stoksPrice']")

一番左のセルA1にミクシィ(2121)の株価が反映されます。

 

同じく一番左のセルA1の証券コードから、セルB1に会社名を反映させるようにしました。

=ImportXML(CONCATENATE("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=",A1),"//th[@class='symbol']")

 

・株価=stoksPrice

・会社名=symbol

 

ヤフーファイナンスからコードを確認して作成しました。

 

コードに関してはド素人ですが、こちらで動きましたので良しとしてます。

 

ドル円レートも取得できるので円貨でグラフが作れる

ドル円のレートも反映できます。

=GOOGLEFINANCE("CURRENCY:USDJPY")

 

米株と日本株を反映させるシートを作り、ドル円レートで日本円に換算してグラフ化すると持ち株全部のバランスが一目で解ります。

 

f:id:hetayo:20200617011333p:plain

(サンプル用に作ったので、銘柄を乗せないでパーセンテージだけで表示しています。)

まとめ 

他にも”当日の高値”、”当日の安値”などの指定ができるようなので、いろいろと作り込んでみるのも面白いですね。

ドキュメントエディタヘルプ

Google Finance

https://support.google.com/docs/answer/3093281?hl=ja

 

最新といっても最大20分の遅延はあるそうなので、タイムリーに株価を見たい場合は証券口座を見よう。

 

私は朝起きて「どうなったかな」と見るくらいなのでちょうど良いです。

 

株探からも持ってこれるらしいので、今度試してみたいと思います。