下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

結婚して家族ができたら「生きている実感」って湧くの?

「結婚願望はあるけど、出会いがない」
「ご縁がない」
「いい人がいない」


でも結婚したら、仕事にももっと身が入ると思うし、子供や奥さんのために生きることができれば、何よりも生きている実感がわくと思うと、ケンジさん(仮名)は話しています。

自分の人生に「生きている実感がない」のは、家族やパートナーが居ないから?


f:id:hetayo:20190512154345j:plain


私には、何の為に働いているか解らないから「子供や奥さんのため」という理由が欲しいと言ってるように聞こえました。


というのも、私も結婚する前後には少なからず、こういう考えを持っていたからです。


結婚したら何かが変わるかも、子供が出来たら仕事も頑張れるんじゃないかと思ってました。


確かに、結婚して相方(他人)と暮らしていく中で、相手のことを思いやるとか、譲歩するということを覚えました。
当たり前ですが、夫婦・家族と言えども、歩み寄るべきですよね。

そういう意味では、ものの見方や考え方は多少変わったとは思います。


それから世帯年収や支出率が変わったので、1人暮らしの時よりは経験できることは多くなったかもしれない。


多少の変化はあるものの、今のところ「生きている実感」というほどのものが得られているかは、正直実感がありません

もし子供を授かったら働く糧にもなって、湧いてくるものなのかな? 


別に結婚生活に不満があるわけではありません。


それでも未だに「何のために働いているんだろうー」ってぼんやり考えることはあります。

ドラマのセリフを引用すると、やっぱり毎月のお給料のため、ですかね。
【TBSドラマ:「わたし、定時で帰ります。」より】


そもそも、結婚に限らず「生きている実感」みたいなものって、どのくらいの人が感じたことがあるんでしょうかね。

最後に

周囲の既婚者から「子供がいなかったらとっくに離婚している」というような不満や愚痴を聴いても、それは「亭主元気で留守がいい」と言っているのと同じ。

リップサービスだと思います。

本当に離婚を考えているときは、周りに愚痴なんて言わなくなるので。


日本人がパートナーの愚痴を言うのは、悪口じゃなくて「謙遜」なので、鵜呑みにしない方がいいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。