下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

2018年分の確定申告終了!今年失敗したことと、来年の申告にむけて確認しておく内容をまとめました。

こんにちは、おこめです。

f:id:hetayo:20190218170924j:plain


2018年分の確定申告を無事に終えました。


投資をスタートしてから始めての確定申告。


証券口座の1つに損が出たため損益通算をしましたが、私の年収なら損をしてなくても申告した方がいいっぽいので、来年の申告に向けて確認したいことをまとめておきたいと思います。

申告を間違えて、訂正申告をした

今年は入力方法を間違えて還付金を数百円多く申告してしまいました。


入力を間違った箇所は参照箇所をキチンと読んでいればわかるところ。見落としてしまいました。


たった数百円ですが、多く還付されてしまうので訂正しなくては!

www.freee.co.jp

締め切りまでの間であれば、何度提出しても後から提出したものが採用されるそうです。


提出書類はすべてコピーを取って控えがあるし、入力データも保存してあるので訂正は簡単。

最初の申告書の控え(受領印のあるもの)のコピーに「訂正申告」と赤字で記入し、入力を訂正した申告書類と合わせて郵送しました。


還付金の振込通知と、訂正分の控えの送付が同じ日に届いたので心配でしたが、後日還付金の振込用紙が届きましたよ。

端数は切り捨てられて300円返金して終了。


訂正申告、手間と送料が余計にかかってしまったので、来年は失敗しないように心がけます。

日本株の配当は、所得税と住民税の課税方法を分けて申告する

確定申告によって住民税も所得税が同じ課税方法になってしまうのは逃れられないと思っていました。

style.nikkei.com

住民税も申告して、配当分は源泉分離のまま「申告しない」で提出するという方法があるんですね。



確定申告と住民税の申告も必要、ということは、提出書類は2部必要ということ? であれば、確定申告は電子申告にした方がよさそうですね。


今年の確定申告は窓口で提出したので、力尽きて確定申告のみで終了してしまいました。


日本株の配当受取も増やしたいなら、きちんと調べなければいけませんね。

セルフメディケーション税制

f:id:hetayo:20190324174731j:plain

対象購入額 12,000円以上

毎年買っている市販の花粉症薬も対象だったとは思っていなかったんで、領収書は取ってませんでした。

花粉症の薬もあわせれば、たぶん12,000円以上になるはず。

来年は申告できるように、今年からは領収書は取っておこうと思います。


f:id:hetayo:20190306210925j:plain
レシートにも記載されるんですね。
手元のレシートは”@”が付いていました。

健康維持・疾病予防への取り組みを証明するもの

対象品購入額がクリアしていても健康の保持増進及び疾病の予防への取組として「一定の取組」を行っていることという条件をクリアしないといけないんですね。

これは知らなかった。

今年は健康診断の領収書や結果通知はきちんととっておきます。

 

まとめ

・住民税の申告用の書類も用意する
セルフメディケーション税制用の書類をまとめておく
・電子申告に向けてマイナンバーカードを発行する
・入力は間違わないように