下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

ありがとうヤマダ、さようならヤマダ。ヤマダ電機9831の株主を卒業しました。

こんにちは、万年投資初心者のおこめです。


先日、優待目的で保有していたヤマダ電機(9831)100株を売却しました。


保有期間は17年5月から19年3月。
長いと思ってたけど、たった1年10カ月でした。

買付額 585円
売却額 562円

f:id:hetayo:20190321140536j:plain


チャートを見る限り、完全にタイミングを逃してますね。


△2300円のマイナスですが、もらった優待券の合計5500円と、配当1036円(税引後)を併せると+4236円となり、約7%プラスでした。

優待に釣られて株主に

f:id:hetayo:20190324230150j:plain


年2回(3月・9月)、税込み1000円ごとに1枚使える500円の優待券を保有株数に応じてもらえます。

f:id:hetayo:20190321141147j:plain

引用:(株)ヤマダ電機【9831】:株主優待 - Yahoo!ファイナンス

100株だと、3月に2枚、9月には4枚。1年目の優待利回りだけで年5.1%

配当利回りと合わせると7%を超える高利回りです。

しかも、1年以上継続の保有すると3月も9月も優待券の枚数が増えます。


お酒や日用品も扱っているので有効期限半年のうちに使えるかな? と思って17年5月に最小単元の100株だけ購入しました。


少額なので優待もらいながら、ゆっくり株価の復活を待つつもりでした。

売却の理由

f:id:hetayo:20190321154442j:plain

店舗で買い物をしなくなった

日用品はネットで買うようになってしまったので、徐々に優待券の消費に追われるようになりました。


もともと自宅近くには店舗がないので、通勤途中の乗換駅にある店舗でしか利用しません。


半年前に転職して乗換駅が変わったこともあり、買い物のために途中下車しないと行けなくなりました。

それに重い日用品を持って満員電車に乗りたくないというのも、店舗に行かなくなった理由の1つです。


ネット通販で使える割引チケットだったら、わざわざサイト会員にもなると思う。
(ヤマダのサイトで日用品まで売ってるかは知らんけど。)


それでも日用品以外に、タブレットとかキーボードとか、パソコン周辺機器で実物を見てから買いたいものがあるときには店舗に見に行ってました。


でも最寄りの店舗には価格の安い型落ち品はあまり置いてないし、あってもサンプルを出しているものも少ない。

確か都内にアウトレット店舗があると思うけど、わざわざ交通費かけて他の店舗をはしごするほどの買い物じゃないので。


サンプル触れないなら店舗じゃなくてもいいです。最初からAmazonで買います。

減配

リスク資産のポートフォリオは、インカムゲインを重視し、高配当銘柄中心の構成にしたいと思っているので減配はキツイ。


今期は減益のために残念ながら17円→13円へ減配予定です。


kabutan.jp

2月はインバウンド需要回復に期待っていうけど、インバウンド需要はモノよりコトに移ったんじゃなかったっけ? インバウンドだけで、どこまで回復できるのか。


住宅事業のスマートハウスにつおては、郊外向けの印象が強くて、都心の賃貸に住んでるといまいちピンときません。


まとめ

配当は低くても優待を足すと高利回りだから、じっくり回復を待ってもいいと思ったけど、使わない優待は要らないです。



今までありがとうヤマダ電機


大塚家具とも仲良くね。