下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

ヨガを続ける理由、バランス良く健康的に生きたいから

こんにちは、おこめです。

f:id:hetayo:20190317153431j:plain


【YOGA EXHIBITION 2019】に参加してきました。

YOGA JAPAN | LIFE with NEW YOGA



久しぶりに家以外でヨガの練習。


初めて受ける先生でしたが、しっかりと呼吸に集中して楽しくレッスンが出来ました。


執着しない練習

私がヨガ続けている理由は、"執着しない"練習をするためです。


ヨガはポーズをとることだけでなく、物事の受け止め方や考え方などを学ぶことを含めてヨガというそう。


かじった程度の知識なので詳しくは勉強中ですが、どの流派のヨガにも"執着しない"という考え方は出てくるんだそうです。


周囲や過去や未来に執着せずに、"今の自分"に目を向けること。


呼吸に集中するのは、"今"この瞬間を感じるためだとか。



「○○になりたい」「○○が欲しい」など、目標を持つことは悪いことではありません。


ですが、あまりに想いが強いと

「なれなかった自分はダメだ・・」
「○○のせいで手に入れられなかった・・」

と自分を責めたり、誰かと比較したりして妬んだり、良くない方向に考えが向かってしまうことも。


ヨガはそういう方向に向かわないように、自分自身でコントロールする練習でもあります。

ネガティブな考えを手放せたこと

私は幼い頃、兄弟の方が家族に大事にされてるんじゃないかと弟と比較して嫉妬してました。


昔、演劇をやってたときも

「何でこんなことも出来ないんだろう」
「もっと早くからやってれば、上手くなったかもしれない」

って、とにかく人と比較して落ち込んだり妬んだりするのが得意でした。

もう思考がドネガティブ。


配られた駒で勝負するしかないのにね。

だから私にとっては、汗をかくことよりも、そういうネガティブな方向に執着しないための練習として、ヨガが必要になってきました。


"自分の思い通りにならないこと"
"努力ではどうすることもできないこと"

なんて、生活の中に沢山ありますよね。


そういうことの受け止め方がちょっとだけ変えられた気がします。

不幸が減るわけではない

ヨガをやって考え方が変わったところで、起こる悪い事が減るわけではありません。

満員電車で足を踏まれなくなるわけではないですw

足を踏まれても痛いのは変わらないですが、

痛い! 以上終わり!

とすぐ流せるような感じです。


(何でこの人謝らないの?)とか、イライラした感情を持ち続ける方が、エネルギーを消耗するして嫌な気分。


不幸なことが起こってしまっても「仕方ないか」と思えるようになってきたかな、と思います。

最後に

考えないこと、”無”になるのは難しいです。


ヨガの練習中でも

「今日は仕事で失敗した」
「帰りは何食べて帰ろうかな」

としょっちゅう浮かんできます。

そしたらそっと横に置いておくようにして、呼吸の音を聞くようにして練習を続けます。

「集中、集中」って考えてることもあるんですが。

(^^;


これからもできるだけ穏やかに受け止められるように、練習を続けていきたいです。