下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

つみたてNISAで毎日積立てを辞めた理由。1年間実施した感想とメリット・デメリットについて

f:id:hetayo:20190221210015j:plain

こんにちは。おこめです。


今年も引き続きSBI証券つみたてNISAS&P500とVTIを買っていきますが、昨年1年間続けた毎日積立てを、今年は毎月積立てへ変更しました。

毎日積立てを辞めた理由

当初は、「毎日積立てって究極のドルコスト平均法ではないか!」と思っていました。


でも、20年という長期間で見た場合に、毎日買おうが毎月買おうがマジで誤差のレベルだとわかってきたからです。


毎日積み立てるデメリット

  • 毎日取引報告書が届く

これは設定してみないとわからなかったんですが、毎日報告書のメールが届きます。
私は2つの投資信託を購入しているので、毎日2通。

慣れてきたころには、もう件名だけ見て開封すらしなくなってしまいました。


これは郵送設定にしてたら大変ですよね。

毎日積み立てるメリット

  • 相場が下落したとき、金額を増やせる


私は毎日650円ずつ積み立てるように設定をしていたんですが、月の上限額は1,619円までなので、倍の1,500円に増やすという設定が可能です。


これならつみたてNISAでも暴落時に買い増しをすることができます。


ただ、既に積立ての上限額まで設定している場合はできないのですが。



まとめ

つみたてNISAは出来るだけシンプルに買い続けていきたい


今年は、調整局面だ、増額だとか考えずに、淡々と機械的に買い続けるようにしたいので、毎日積立てを辞めました。