下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

簡単!ココナッツ・ギーでバターコーヒーを作ってみた!

f:id:hetayo:20190221211950j:plain

正月太りも気になる今日この頃。
ファミマのバターコーヒーが飲みやすく、最近のお気に入りです。



朝飲むと腹持ちいいので、お昼休みまでにお腹がすくことが減り、間食をしなくて済むんです。


ですが、コンビニ商品はいつまで販売されているかはわかりません。


自分でも作れたらいいけど、オイルを2種類用意しなくちゃいけない
くて、どちらも高いし、ちょっと面倒だな~

と思っていたんですが、

ギーイージー ココナッツ・ギー(100g)【GHEE EASY(ギー・イージー)】で簡単に作れそうなので試してみました!

用意するものと作り方

f:id:hetayo:20190105104720j:plain

ドリップコーヒー
ココナッツ・ギー
ミキサー、ブレンダーなど(自宅にあったクリーマーで代用)


①ドリップコーヒーを入れる
新鮮な豆でコーヒーを入れる。
出来ればフィルターは金属製が良いそうですが、無ければペーパーフィルターでもOK


②ココナッツ・ギーを小さじ2杯程度入れる
f:id:hetayo:20190105105441j:plain


f:id:hetayo:20190105105529j:plain


③良く混ぜて乳化させる←ここ重要!!
f:id:hetayo:20190105105642j:plain


f:id:hetayo:20190105105722j:plain


クリーマーを使うなら、少し空気を混ぜるようにするのが良いかもしれない。
コーヒーが飛び散るので加減が難しい。
f:id:hetayo:20190105105752j:plain


f:id:hetayo:20190105105937j:plain
泡がやや粗いですね。

やはりミキサーを使った方がきめ細かな泡立ちで、ラテのような仕上がりになると思います。


MCTオイルとグラスフェッドバターを代用してもいいの?

一般的にバターコーヒーの材料として挙げられるオイルは2つです。

MCTオイルグラスフェッドバター


ココナッツ・ギーにはココナッツオイルギーの2種類のオイルがブレンドされているので、MCTオイルグラスフェッドバターに替えても良いのではないでしょうか?

でも効果は変わらないの?

MCTオイルとは?

日本語では「中鎖脂肪酸油」という意味。
中鎖脂肪酸とはココナッツオイルや母乳などに含まれる天然成分で、脂肪酸の一つ。
効率よく分解されてエネルギーとなり脂肪として蓄積されにくいのが特徴

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は約60%なのに対して、MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%

より効率的に摂取するには断然MCTオイルね!

グラスフェッドバターとは?

広大な自然環境で牧草で育つ健康な乳牛の搾りたてのミルクから造られる無塩バター

「グラスフェッド」=「牧草で育てられた」という意味で、成長ホルモンや過剰な抗生物質などを与えていないため、安全で栄養が豊富と言われています。

ギーとは?

インド発祥のバターオイルのこと
バターを加熱・ろ過して水分、たんぱく質を取り除いた純粋な乳脂肪。
バターに比べ酸化しにくいため、保存食として昔から作られていた。


バターよりもギーの方が、中鎖脂肪酸が多く含まれており、中鎖脂肪酸には脂肪燃焼効果が期待できるそうなので、ここだけ比べると、ギーの方がダイエットには効果的なような気がしてきますね。


高いオイルを揃えても続けられるか不安、ちょっと試してみたい、というレベルなら、まずはココナッツ・ギーから始めてみても良いのではないでしょうか。


美味しく飲むにはよく混ぜて乳化させること

ドリップコーヒーにオイルを入れただけでは、ただ油の浮いたコーヒーです。

f:id:hetayo:20190105105529j:plain

市販のポーションミルクとは違って、乳化剤が入っていないオイルは簡単には混ざりません


ミキサーやブレンダーでよーーく混ぜてください。


撹拌(かくはん)して、カフェラテのようにすることが美味しく飲むコツです。


耐熱であればシェイカでの代用も可能なようです。


今回はミルク用のクリーマーを使いましたが、飲んでいる途中で分離し始めました。


後日、ブレンダーを使ってみたところ、しっかりと乳化したバターコーヒーができました!
f:id:hetayo:20190219113944j:plain


やっぱり、ミキサーなどのブレンダーを使用するのが良さそうです!


さいごに

いくらからだに良いと言っても油です。
摂りすぎるとカロリーオーバーの可能性もありますので、摂取量には注意したいです。


また、中鎖脂肪酸・MCTオイルはたくさん摂りすぎるとお腹が緩くなるなどの副作用があるようですので、慣れないうちはレシピよりも少なく小さじ1杯程度から始めてみるといいかもしれません。