下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

【サラリーマン2.0 週末だけで世界一周】を読んで、お金と時間の使い方について考えました

リーマントラベラー東松さんの本を読みました。

サラリーマン2.0 週末だけで世界一周

サラリーマン2.0 週末だけで世界一周

お金と時間の使い方についてのヒント

まず、見開きのコピーにぐっと心をつかまれました。


休み方を変えれば、働き方が変わる。
働き方が変われば、生き方が変わる。


さすが広告代理店勤務。


ちょうどタイへ行く前だったので、週末だけで世界一周しちゃうなんて面白そう!っというのが手にしたきっかけだったんですが、
休み方、働き方、生き方を考える本にもなりました。

「自分らしい生き方とは?」という答えの出ない自問自答

f:id:hetayo:20190312105757j:plain


時々、やりたいことって何だっけ? とか、やりがいのある仕事とは? ってモヤモヤとした疑問がわくことがあります。


だからといって、会社を辞めて新しいことをはじめてみようとか
ましてや、自分探しをしようという覚悟は今のところ持ち合わせていません。

ただ、モヤモヤと自問自答してしまうだけ。


こういうのは、大人になれば答えが出ると思っていたんですけど、
そこそこの大人になっても未だに答えが出ないものなんですね。

サラリーマンは最高である

別にやりたいことを探すのに、サラリーマンを辞めて新しいことを始めることはありません。

辞めなくてもやろうと思えばやれる。


本の中でも、これまでの経験や肩書などを組み合わせることによって、新たな価値を生むかもしれない

とおっしゃってます。


もしかしたら、今の自分にもそういう可能性があるかもしれない?! ってことですね。


新しいものに触れて、実際に自分の目で見て体験して、本気で考える!
それで貯金ができなくても、失敗しても、また働けばいい

だからサラリーマンは最高の職業である!


ほんとその通り。
最近は残業を減らすホワイトな会社が増えてますし、仕事しながら自分探し最高じゃないでしょうか。
若いうちにしか経験できない自己投資ですね。

さいごに

東松さんはサラリーマンでありながらトラベラーであるという希少性を見つけられた良い例です。


真似したところで、自分も何かが見つかるかはわかりません。


でも新しいことに沢山触れて、考えることは、積極的にやってみようとか思います。