下手の横好き。

非正規OLが投資をすることで、お金と時間の使い方について考えた雑記ブログです

電子マネー再デビュー!楽天Edy使うならモバイルアプリがオススメ。一度アプリを使ったらカード式にはもう戻れない!

毎朝出社前に立ち寄るコンビニで、小銭を出すのが億劫になってきたので、Edyを利用することにしました。


f:id:hetayo:20181126195408p:plain


実は以前のスマホおサイフケータイに対応していたので、一時期モバイルEdyを利用していました。


とても便利だったのですが、機種変でおサイフケータイ非対応にしてしまったため、しばらく使っていませんでした。


始めは「現金でもいっかな」と思っていたのですが、やっぱり朝の急いでいるときには電子マネーが便利そうだな、と思えてきたので、再度利用することにしました。

モバイル版がとても便利だった

・モバイル版はチャージ、残高管理もすべてスマホで完結
・カード版はスマホでチャージができても、専用端末で受け取りが必要!


スマホおサイフケータイ非対応なので、カード式です。

全てスマホで完結できるモバイル版がとても便利で、カード式が不便に思えてきています。

カード式の唯一のメリットは紛失時のリスク分散ができることではないでしょうか。

スマホを落としたらEdyも一緒に落としちゃいますから。
確か、おサイフケータイは電源が入っていなくても残高があれば使えてしまうので。
オートチャージを使う場合は、すぐに利用停止が必要です。
紛失には充分注意しなくてはいけません。


カード式のデメリットは、チャージした後専用端末で受け取るというひと手間が必要なこと
edy.rakuten.co.jp

・PCで受け取る→「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」が必要
・加盟店の専用端末→ファミマかサークルKへGO


楽天カードのサイト(アプリ)からチャージの申し込みができるので、これで完結できるのかと思っていました。

これは、盲点。。



マネーフォワードへ連携して残高を管理する

カード式Edyは残高チェックも専用端末で確認するか、決済時にレシート、決済端末の表示を確認しなければいけません。

スマホでは確認ができませんでした。


なので、若干のタイムラグはありますが、マネーフォワードに連携させておくと、口座一覧で残高を管理できます

レシートを入力する手間も省けますし一石二鳥です。

まとめ

モバイル版はすべてアプリ内で完結できるので、おススメです。

カード式の場合は、マネーフォワードに連携することをおススメします。
残高、家計簿管理もできて一石二鳥!漏れなく管理が可能になります。

※ただし、マネーフォワードへの反映には若干のタイムラグが生じますが。