下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

映画【SUNNY 強い気持ち・強い愛】90年代後半のJ-POPが好きだ

f:id:hetayo:20190228150546j:plain

こんにちは、おこめです。

映画【SUNNY 強い気持ち・強い愛】を観てきました。

sunny-movie.jp

韓国映画のリメイク版

2011年公開の韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」のリメイク作品。


舞台を90年代後半の日本に置き換えてリメイクした物語です。

【あらすじ】
90年代、仲良しだった女子高生グループ「SUNNY」のメンバーたち。
その中の一人、今は普通の主婦となった奈美は同じメンバーの芹香が末期がんに冒され、余命1ヶ月を宣告されている事を知り、
芹香の「もう一度SUNNYのメンバーに会いたい」という願いをかなえるため、SUNNYのメンバーを捜し始める。

引用:公式サイト映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』公式サイト

J-POPバブル期と言われる90年代後半音楽

懐かしの小室ファミリーの楽曲がふんだんに使われているんですが、引退前に小室さんが監修したそうです。


90年代後半J-POPは、当時10代で青春真っ盛りだったアラサー・アラフォー世代にドストライクで響きます。

懐かしい!!


特にオープニングとエンディングのSWEET 19 BLUESは、
観に行った当日9/16が安室ちゃんの引退日だったこともあってか、劇場中が聴き入っているようでした。

普段の映画館ならエンドロール中に帰ってしまう人もいますけど、
音楽が鳴っている最中に立ち上がる人が居なかった。

小道具、衣装も完璧に再現

これが当時のコギャル文化です!という感じの見本みたいな変身ぶり。

普段はみんな可愛らしいお嬢さんなのね。ビックリ。
news.mynavi.jp


エライザちゃんみたいなナチュラルでも可愛いセブンティーン系ギャル(え〇ちぃとかね)も、いたいたって思いながら見てました。


大流行したダルダルのルーズソックスとかは、田舎ではタイムリーに手に入らなくて、みんな頑張ってルーズソックスを手で引っ張ってゴムをのばしてだるだるにして履いてたっけ。

ハイビスカスを学校指定バックに手描きで描いたりしてたんですよね。

コギャル以外の文化も盛り込まれている

すずちゃん宅のリビングでお兄さんがアニメとゲームについて、早口で語るシーンがツボ。


アニメや漫画、ゲームって、確かに当時はまだまだマイノリティなオタク文化ってイメージだった。
今では日本を代表する文化の一つだからね。

最後に

ノストラダムスって流行ったなーwって笑いながらも、6人の友情に涙する映画。
疲れた時に観返したら元気もらえる映画です。


では!