下手の横好き。

雑記、ときどき資産運用

SBI証券でつみたてNISAに切り替え!20年間S&P500を買います!

f:id:hetayo:20180930213111p:plain

いよいよはじまった「つみたてNISA」。現行NISA続行か迷いましたが、長期運用を本格的に考え始めていたので、つみたてNISAへ切り替えしました。

早速、気になっていたインデックス投信について調べてみましたので、まとめたいと思います。

iFreeS&P500 を買うことにしました!

S&P500指数に連動する低コストインデックス投信です。


S&P500指数とは?

ニューヨーク証券取引所NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される時価総額加重平均型株価指数


日本株でいうところの、225的なところ。

ダウよりも銘柄が多いので、米株で運用する場合のベンチマークにするには良いとされています。

51年間の平均年利は、9.7%(配当込み)

S&P500の1965~2015年までの51年間の平均年利は、配当込みで9.7%だそうです。


あまりにも年利が良くて、「切り取る期間によってはもっと利回りが下がるんじゃないの?」と疑い、1965 ~2015の間をランダムに20年切り取って試算してみることにしました。


ついでに、金融危機と言われる年表をググったので、20年間に金融危機が組み込まれるように切り取りました
f:id:hetayo:20171225232156p:plain


ランダムに切り取った20年間の平均値は以下の通りです。
1965-1984  9.2%
1974-1993  9.6%
1980-1999  18.5%
1987-2006  13.0%
1992-2011  9.6%
1996-2015  9.9%


いずれの期間も9%越え

まとめ

短期間では上下が激しいので、最高値更新中の今から積立てを開始するのは不利ではないかと疑問でしたが、20年間という長期間で運用するのならば、十分な利回りが期待できます。

これが長期運用の良いところですね。