下手の横好き。

アラサー派遣OL主婦@資産運用勉強中。お金の貯め方・増やし方+お金と時間の使い方について考えた雑記ブログ

つみたてNISAに興味深々!SBI証券ではじめてみる?

2018年1月から始まるつみたてNISA


SBI証券では9/22から口座受付が始まっており、楽天証券でも9/24から受付が始まるようです。

私は現行NISAをSBI証券で既に開設していますので、申し込んだ方がいいのか?検討してみました。

つみたてNISAとは?

まず、NISA(現行NISA)についてはこちら。

NISAとは、平成26年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

www.fsa.go.jp


で、現行NISAとは、どう違うのかというと、

「つみたてNISA(積立NISA)」とは、2018年からはじまる新たな少額投資非課税制度です。
これまでのNISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなりますが、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。


また、取引方法については定期的に継続した買付(積立)である必要があり、対象商品は一定の条件を満たす(※)投資信託ETFに限定されています。


つまり、大きな違いとしては

  • 年間投資額と期間が異なる
  • つみたてNISAでは購入できるのは対象商品の投資信託ETFのみ

ということ。


比較したものがSBI証券に掲載されてました。(ジュニアNISAも同時に比較されてますね。)
f:id:hetayo:20170923184448p:plain


現行NISAとつみたてNISAは併用不可

現行NISA(2018年~)とつみたてNISAの併用は出来ないそうです。


勝手に併設できるものかと思ってしまいましたが、つみたてNISAを始めるには、現行NISAからの切り替えが必要ということです。


年間40万円で20年間の運用か、年間120万円で5年間の運用のどちらかということですね。


20年の長期間積立てるなら、ⅰⅮeⅭoでも良いのでは?

20年積み立てて引き出さないつもりなら、ⅰⅮeⅭoでもいいじゃない?とも思えますが、60歳まで引き出せないのがⅰⅮeⅭoです。


つみたてNISAは、あくまでもNISAなので途中で売却、現金化が可能。


逆にⅰⅮeⅭoのメリットは、拠出額が控除になることと、非課税で購入商品を売却→再購入(スイッチング)ができるところでしょうか。


NISA枠は新規購入のみが対象ですので、商品変更のために一旦売却したら新たな投資枠で購入しないといけません。


気になる対象商品は?

SBI証券では現在の取扱い予定商品の一覧を掲載されてました。

つみたてNISAの対象商品は、インデックスばかりなのかと思ってましたが、ひふみなどのアクティブもあるんですね。


まとめ:結局つみたてに変更するのか?

現行NISA開設当初はバランス型の投資信託とREITの投資信託を少額で、約1年ほど積み立てをしていました。


現在はⅰⅮeⅭoへ加入してしまったので、投資信託の積立はⅰⅮeⅭoでしていて、現行NISAは個別株の購入に使っている状況です。


変更であれば、急ぐこともないと思ってますので、もう少し考えたいと思います。


ただ、20年間非課税という長期間積立ては魅力的なのでぜひフル期間で活用したい。

まずは対象商品を吟味して検討していきたいと思います。